M's Photo

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


今年って…


a0044043_12104378.jpg


早いもので、2011年も前半が終了しようとしています。

今年は私の人生でも「超久々」ということをいくつかやらかしてます(^^ゞ

長年、ロングヘアにしていたのですが、4月の末にばっさりと切りました。髪を切ってからの私と会った方は異口同音に「え?!」と驚きます。中には傍に行っても私と気がつかない方もいたくらいでした。しばらく私と会ってない方は会うのを楽しみにしててください☆

それから、ピアスの穴を2つ増やしました。両耳で4つ空いたことになります。あとひとつ開けたいと思ってますが、これはもう少し先になるかな。

髪を切ったので、服装も変わりました。以前はフリルやリボンのついたピンク色系のヒラヒラファッションでしたが、今は全くスカートをはかなくなってしまいました。ジーンズにスニーカー、着る服は黒ばかりです。以前は嫌いでしなかったアクセサリーもたくさんつけるようになりました。

髪もピアスも服装もすべて、私が「とある人物」に影響を受けたせいです。わかる方はわかると思いますが(笑)

イメージチェンジって、楽しいものですね。何より、私の周囲の反応を見るのが楽しい!「なぜ髪を切ったの?」と訊かれるのが少しめんどくさいですが…(^_^;)

去年の猛暑の夏、暑くて暑くてもう大変でしたが、今年の夏は多少暑くても乗り越えられそうです(^^)v

昨日はAYPCのワークショップがありました。今回も50枚くらい持っていきましたが、師匠や仲間が選んでくれるのは一見変わった写真ばかり。いわゆる「綺麗に撮れている普通の写真」はことごとく落選です。師匠いわく「桃子さんはもう初心者じゃないんだから、こういう写真からは卒業しなくちゃダメ。自分にしか撮れない写真を撮るようにしなくちゃ」 

師匠~ 私だってそのことは重々承知してるんですよぉ。でも、自分にしか撮れない写真って何?って思い始めると、あっという間にスランプに陥るわけで…

今年は私が写真を始めてから6年目になります。写真を始めて5年っていうと、もう「初心者」とは言えないんですよねえ。いつまでも初心者のつもりでいたけれど、周囲はそうは思わない。何より、私の写真を好きだと言ってくれる人が少なからずいるということが私の中では驚きであり、嬉しいことであり、これからも写真を撮ろうという気力の元になっています。

この写真は先月だったかな、千葉方面に撮影に行った時に撮った1枚です。車のサイドミラーがなぜかとても好きです。
[PR]

by momorosebanana | 2011-06-19 12:57

雨が楽しみな訳


a0044043_018345.jpg


先月のAYPCワークショップには2Lのプリントを50枚くらい持っていきました。今度の土曜日にまた同じくらい持っていかなくちゃ~ まだ全然用意してないから、金曜日の夜は徹夜かなぁ(;_;)

この間、師匠と仲間に見せたら、「引いた写真をもっと見たい」と言われてしまいました。うーん、たしかに私はあまりロングショットを撮らないんです。マクロレンズが大好きで、被写体にくっついて撮ることがほんとに多い。これからの課題はやっぱりロングショットをもっと撮ることになりそうです。

これは雨の日に渋谷の駅から交差点を撮ったものですが、ここから撮るならやっぱり雨の日がいいですね。いろとりどりの傘が面白い。晴れてたら普通すぎて面白くないです。

今年の秋に参加する写真展は去年と同じ3箇所(^_^;) ひとつは薔薇を出すことに決めてます。もうひとつはテーマが「音の世界」に決まっていて、これはこれから写真を撮らなくちゃいけません。で、AYPCは自分でテーマを決めねばならず、私は「雨」にしました。なので雨の日に必死で撮影しているところです。雨の風景は以前、写真展のテーマが「水の世界」と決まった時に何回か撮ったことがありましたが、全く思ったような写真が撮れず、結局噴水の写真を出したという過去があります。

写真を始める前は雨が大嫌いでした。でも、今は雨が降るとそわそわしてしまう(^^ゞ 人間、変われば変わるものです。

梅雨がこんなにありがたいと思ったことは、人生始まって以来初めてのことかも…(笑)
[PR]

by momorosebanana | 2011-06-16 00:38

アナベル

a0044043_22184473.jpg


久々の更新です。

梅雨時の楽しみはやっぱり紫陽花と菖蒲の撮影でしょう。毎年、なんだかんだと言いながら撮りに行ってる気がします。去年はニコンカレッジの撮影実習で長谷寺に行ったなぁ。小雨が降っていて、風情のある写真が撮れたのを思い出します。

昨日は小田原城址公園に撮影に行きました。2年前に藤の撮影に来て以来です。斜面には紫陽花が植わっていたんですね。知らなかった…(^_^;) 

これは公園の入口付近で咲いていた白い紫陽花です。ネットで調べてみました。「アナベル」という名前の紫陽花のようです。グリーン→白と変化する花の色が美しいと思いました。

今回はマクロレンズを使いませんでした。つい28-300の高倍率ズームばかり使ってしまう… 数ヶ月前、いつも通っている暗室に行ったとき、たまたま来ていたプロの写真家さんが「タムロンの高倍率ズームレンズは駄目だな。あれは良くない」って言っているのを聞きました。愛用している私はけっこうショックだったのですが(笑)、好きで使ってるからべつにいいもん!って開き直りました。別に私は写真で食べてるわけじゃなし、写りが多少悪くても、そんなの気になりません。

だいたい、写真の上手下手って、使ってる機材の高い安いじゃないわけでしょ(笑) 何を根拠に「駄目」って言ってるのかわかりませんが、道具をあまり気にせず写真を撮ってる人もいることをお忘れなく~(笑)

写真は、ピントがばっちり来ていて、ブレがなくて、クリアに写っていればいい、っていうものじゃないと常々思っています。なにやらボケていても、どよーんと暗くても、何が写ってるのかわからなくても、その写真を見た瞬間、「わあ、これいいな」と思ったらそれはいい写真なんだと思う。たとえ写真の師匠に「この写真は私には理解できません」って言われても、自分が好きなものは好き。師匠が理解できなくても、それはもうしょうがないって思います。
[PR]

by momorosebanana | 2011-06-15 22:37